忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bing


どうせ何も変わっていないだろうと思い、ずいぶんアクセスしていなかったGRC。昨日(8月13日)ひっさびさにチェックしてみたところ、ちょっとびっくりしました。実験サイトのBingの順位が一つ上がって9位になっていたことに。やっぱりうちの実験サイトはBingからの評価が高いんだな、なぜか。前のメインブログはBingからの評価は高くなく、むしろ低いというか眼中になかったのではないでしょうか(笑)。まったく検索結果が上がらず苦戦しましたから・・・。そしてとうとうBingの検索結果に以前のメインブログが上位表示されることがありませんでした。
以前のメインブログと、今のメインブログ、実験サイトの違いは、独自ドメインかそうでないかと、長文か長文でないかノミだと思います、多分(笑)。アフィリエイトタグも貼っていましたし、今も貼っています。Bingの評価を高くするのは、文字数なのでしょうかね?^^。頑張っているからうち(笑)。

順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
PR