忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

情報


新聞の件もあり、一つの情報、偏った情報だけを受け入れるのは危険だなということが判明したので、最低でも2サイト、2紙、2冊から情報を得るように心がけてはいるのですが、逆にこれが精神的に疲れるということも判明しました^^;。セカンド・オピニオンと似ている気もします。セカンド・オピニオンとは、診てもらっている医師以外の医師に意見を聞くことです。ですが、情報もしWikipediaですがセカンド・オピニオンはもっと難しい気もします。すでに診てもらっている医師以外の医師に相談したとして、意見が正反対だった場合、患者に判断がゆだねられることになるわけですよね。専門知識がない、自分の体の状態が分かっていない患者が今後の治療w決めなくてはならない・・・。
極端に言えば、あなたは末期のがんで早く手術をしないと助からないという医師と、末期のがんだけど、手術をしない方が長生きできるという医師がいて、どちらを選ぶかは患者次第というわけなのです。・・・これは、うっかり選択を間違ってしまえば取り返しのつかないことになったり、手遅れになる恐れがあります。かといって手術をしたからといって助かる確率も低い場合、さらに選択が困難になります・・・。それならまたもう一人の違う医師に相談したとして、多数決で決めるのも危険です・・・。・・・二人の意見より、一人の医師の意見の方が正しかったら終わりですし、手遅れです。なので「情報収集」というのは非常に難しいのです。ならばインターネットで自分で情報収集しよう!と思っても、インターネット上でも同じことdす。このサイトはこう言っているけど、こっちのサイトでは真逆のことを言っているなどざらですから(笑)。
SEOに関する情報もそうです。自分が上位表示させたいキーワードと関連のあるサイトからの被リンクは必要だという人、キーワードと関連のあるサイトからの被リンクはなくても検索結果の上位に表示させることは可能だという人、どちらも情報発信しているので、悩まされることになります(笑)。

対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
輸入・内需型企業は余力ある内にSEO対策した方が良い。円安増税の逆風
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
日本語URL効果が長く続かない理由。コンテンツが中長期的SEO効果齎す
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
1サイトでPCもスマホも対応のレスポンシブルWeb技術ならSEOも安全か?
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
PR